<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「どないなっても知らんぞ」 公共工事の下請け強要未遂容疑で男を逮捕 大阪(産経新聞)

 大阪府門真市発注の工事を受注した建設会社に対し、下請けに参入できるよう脅したとして、府警捜査4課と門真署は23日、強要未遂の疑いで門真市中町、自称建設業、糸正臣容疑者(55)を逮捕した。府警によると、容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は昨年12月、門真市立小学校の撤去工事を受注した市内の建設会社に対し、糸容疑者の関連業者が下請けに参入できるよう要求。今年1月、この建設会社が別の業者に下請け工事を発注したことを知ると、同社の営業部長(56)に電話をかけ、「お前、どないなっても知らんぞ。工事をストップさせたるからな」と脅迫したとしている。

【関連記事】
NHKに「工藤会」名乗る抗議電話 警視庁が捜査
「俺は右翼だ」民主党脅した元外務省キャリア“変人”ぶり
被害者親に「責任追及すれば殺す」とメール 中国、ワクチン異常死で
大和市主幹、部下に「わたしの組織で抹殺する」
トラブル続きの吉本興業、また脅迫状「いつでも手は届くぞ」

<育児休暇>「母は偉大だと痛感」 復帰の文京区長が感想(毎日新聞)
雑記帳 まずはギネス制覇 巨大ユニホームでW杯勝利祈願(毎日新聞)
<火山噴火>外国人客の離日始まる 成田空港(毎日新聞)
自民、東京で2人目擁立(産経新聞)
仕分け第2弾、住宅資金貸付など8事業「廃止」(読売新聞)
[PR]
by qrrwhvv7gx | 2010-04-24 22:01

あおぞら銀元行員、インサイダー疑惑 きょうにも強制捜査 東京地検(産経新聞)

 あおぞら銀行(東京都千代田区)の元行員(49)によるインサイダー取引疑惑で、東京地検特捜部は、元行員が未公表の株式公開買い付け(TOB)情報などを基に複数銘柄の株を買い付けた疑いが強まったとして、金融商品取引法違反の容疑で22日にも強制捜査に乗り出す方針を固めたもようだ。

 関係者によると、元行員の男性は平成20年ごろ、同行の融資先企業が計画していたM&A(企業の合併・買収)を目的としたTOBに関する情報を入手。情報の公表前に、TOBで買収される企業の株を買い付けた疑いが持たれている。公表後、株価が値上がりした際に売り抜け、数百万円の利益を得たとされる。

 元行員は17年から21年にかけて、融資審査を担当する審査第1部に所属。同行から融資を受けてTOBを行う企業の情報を公表前に知り得る立場にあったという。売買は知人女性名義の口座を使いインターネット取引で行っていたといい、数年間で複数の銘柄を買い付け、不正利益の総額は1千万円以上に上るとみられる。

<インサイダー容疑>あおぞら銀行員を立件へ…東京地検(毎日新聞)
17日の欠航、18便に=火山灰で欧州線−日航・全日空(時事通信)
北日本や北陸、15日にかけて大荒れの天気(読売新聞)
河村市長「減税こそ最高のサービス」恒久化案提案(読売新聞)
日米、初の共同治験 医療機器承認遅れ解消狙う(産経新聞)
[PR]
by qrrwhvv7gx | 2010-04-22 09:37

イチゴ畑でミツバチ盗難続発=不足で価格上昇、転売目的? −頭抱える農家・静岡など(時事通信)

 静岡県など各地のイチゴ農家で、ミツバチの盗難が相次いでいる。受粉に欠かせないミツバチは供給不足で価格が上昇。頭を抱える農家からは「転売目的で盗んだのでは」との声も出ている。
 静岡特産のイチゴ「紅ほっぺ」の産地・同県伊豆の国市では3月31日夜から1日朝にかけ、6軒の農家からミツバチの巣箱10個(計6万匹)が盗まれた。「とちおとめ」で知られる栃木県でも6日から7日にかけ、那須烏山市で約1万匹が盗まれた。栃木県警によると、今年はほかに5件の盗難被害があった。京都府でも今年に入り、綾部市や亀岡市などで盗難が続いた。
 イチゴの栽培では、受粉させるため花粉を運ぶミツバチが不可欠。伊豆の国市でミツバチを盗まれたイチゴ農家の60代男性は「ミツバチがないと形が悪くなり、売り物にならない」と嘆く。別の農家の女性(83)は「58年農業をやっているが、ミツバチを盗まれたのは初めて」と驚きを隠さない。
 農水省によると、ミツバチは感染病のため2007年に輸入が停止され価格が上昇。輸入は昨年再開されたが、冷夏や長雨などの影響で繁殖量は伸び悩んでいる。 

【関連ニュース】
【特集】昆虫記者のなるほど探訪
〔写真特集〕ミクロの世界
花粉症根治薬、8年後にも実用化=鳥居薬品と共同研究開始
花びらが多いシクラメン=遺伝子操作で開発
花粉、例年並みか少なめ=日照不足や低温影響

参政権反対国民大会 「国籍のバーゲンセールやめて」国内外から切実な声(産経新聞)
子ども手当、来年度から満額を 民主党分科会が素案(産経新聞)
消費税、凍結見直し必要=増税争点に衆院解散も−仙谷国家戦略相(時事通信)
【こども】砂場遊びの効用 自発的な遊びの中に意味のある変化(産経新聞)
【新・関西笑談】あこがれの果実の味は(5)(産経新聞)
[PR]
by qrrwhvv7gx | 2010-04-20 02:34

高齢者福祉は座学だけで学べない―淑徳大が地域活動で提携調印式(医療介護CBニュース)

 誰にも看取られずに死後発見される「孤独死」の問題で、淑徳大は千葉県松戸市内で4月9日、同市の常盤平団地自治会と、提携して地域活動を行う協定の調印式を行った。同大の学生が高齢化率の高い常盤平団地を中心に、イベント開催などを手伝う。同大の長谷川匡俊学長は、高齢社会の福祉活動で同自治会と提携したことについて、「座学では身に付かない生きる態度、姿勢を身に付けてもらいたい」と抱負を語った。

 提携内容は、孤独死対策につながる高齢者への声掛けや見守りなどでの相互協力。近隣の特別養護老人ホームでの介護支援活動も行う予定。淑徳大は現場での実践教育、常盤平団地は孤独死対策の労働力を強化できる。提携期間は3年間。

 調印式には、今年4月に新設されたコミュニティ政策学部の新入学生78人と同学部の教員、常盤平団地自治会の役員らが参加した。長谷川学長の抱負を受け、同自治会の中沢卓実会長は「実りある活動にするため、責任を持って取り組んでいく」と述べた。

 調印式後は学生と同自治会役員らの交流会が開かれた。

 淑徳大の学生の地域活動は5月からスタート。午前中は講習、午後は常盤平団地のイベントに参加するなどのプログラムを計画している。長谷川学長は「うまく行けば提携期間を延長したい」としている。


【関連記事】
「孤独死」問題で介護予防の体験学習―淑徳大
「孤独死」身近に感じる高齢者は4割超―内閣府調査
高齢者の個人情報、区民に提供―中野区が孤独死問題で初の条例化へ
「異状死の原因究明を」−与党議連が設立総会
高齢化の進行見据え、高齢者の住まい整備を

<普天間移設>徳之島軸に調整 ホワイトビーチ断念へ(毎日新聞)
徳島空港 滑走路延長し改装オープン 阿波踊りで前途祝す(毎日新聞)
[EVENT] 『北斗無双』の体験会続報、鯉沼プロデューサーの来店日が決定
<核安保サミット>幸夫人同行せず 首相「公務専念」演出?(毎日新聞)
福岡・能古島の遺体 海上の袋に両腕 被害者の諸賀さんか(毎日新聞)
[PR]
by qrrwhvv7gx | 2010-04-13 08:38

<子ども手当>支給まで2カ月 「対象か」「手続きは」市役所に相談殺到(毎日新聞)

 中学生以下の子どもに1人当たり月1万3000円を支給する「子ども手当」が、10年度から支給される。6月の支給開始にはまだ2カ月あるが、各自治体には早くも市民の問い合わせが殺到。福岡市は7日、問い合わせに応じる専用電話(コールセンター)を設置した。手当を受け取る手続きはどうなっているのか。【鈴木美穂】

 「はい。コールセンターです。受給方法のご相談ですね」。7日午前9時半、福岡市役所北別館にコールセンター(092・711・5720)が設置された途端、立て続けに15件の電話が鳴り響いた。待機した5人のオペレーターが慌ただしく応対。初日の問い合わせは85件に上った。

 1日にセンター(093・582・3285)を設置した北九州市は、問い合わせが1、2、5日の3日間で計約400件。下関市は1〜2日に各100件、長崎市は2日に80件を記録した。那覇市子育て応援課は「課内の電話3本が終日鳴りっぱなし」。各自治体への問い合わせ内容は「うちは対象世帯か」「請求方法は」などが多いという。

   ◇  ◇   

 子ども手当は、民主党が衆院選のマニフェスト(政権公約)に掲げた目玉政策。国内在住で中学生以下の子どもがいる世帯に、1人当たり月1万3000円を支給する。従来の児童手当にあった所得制限がなくなり、対象も「小6まで」の児童手当より拡大。受給額も最大2・6倍となった。福岡市の主婦(41)は「食費や学費がかさんでいるので助かる」と、早くも支給に期待する。

 手当はまず6月に4、5月分(1人当たり2万6000円)▽10月に6〜9月分(同5万2000円)▽来年2月に10月〜1月分(同)が、まとめて振り込まれる。

 では、手続きはどうすればいいのか。

 児童手当の受給世帯は、原則として自動的に子ども手当に移行するため、特別な手続きはいらない。ただ、出産などで子どもの数が増えたり、引っ越しをした場合などは、市町村で新たに申請が必要だ。

 児童手当では所得制限の対象だった世帯、今春中2、中3に進級した子どもがいる世帯は、請求すれば新たに手当を受け取れる。該当者には市町村から請求書が郵送されるので、必要事項を明記して返送するか、担当窓口に持参する。

 制度の網から漏れる例もある。児童養護施設などで暮らす親のいない子は、子ども手当法の対象外。代わりに、施設側に対し、都道府県に設置された「安心こども基金」から手当相当額が支給される。里親と暮らす子どもは、実親との面会などの実績があれば手当は実親のもとに振り込まれる。しかし、転勤などで家族で海外に赴任している世帯には支給されない。福岡市こども家庭課は「気になるケースは相談を」と呼びかけている。

 9月までに手続きすれば、4月にさかのぼって手当を受けられる。同市はセンターを9月30日まで(平日の午前9時半〜午後5時半)続ける予定だ。

バイエルの抗がん剤の製造販売承認を承継―ジェンザイム・ジャパン(医療介護CBニュース)
写楽の傑作、35年ぶりにオークションに(産経新聞)
暴力団雑誌の撤去要請「違法」=作家宮崎氏が県提訴−福岡地裁(時事通信)
「自立、自律、自浄」を−国立がん研究センター・嘉山新理事長(医療介護CBニュース)
<上関原発>島民らの妨害を禁止 山口地裁支部(毎日新聞)
[PR]
by qrrwhvv7gx | 2010-04-08 10:31

「矯正可能性は絶無」大阪の強殺被告に死刑求刑(読売新聞)

 大阪市旭区で2001年8月、薬局経営・田島英代さん(当時84歳)を殺害、売上金を奪ったとして強盗殺人罪などに問われた元塗装工・今村宗則被告(49)(別の強盗殺人事件で無期懲役が確定)の論告求刑が31日、大阪地裁(杉田宗久裁判長)であり、検察側は「人命の尊厳を一顧だにしない犯行は鬼畜の所業。矯正可能性も絶無だ」と述べ、死刑を求刑した。

 公判には、田島さんの長男(59)も被害者参加制度を利用して出廷、「被告が再び社会に戻れば、同じような被害者が出る。遺族の心情を考慮し、死刑にしてほしい」と求刑意見を述べた。

 起訴状では、今村被告は01年8月28日午後9時頃、客を装って薬局に入り、田島さんを絞殺。売上金約7万円などを奪ったとされる。

 今村被告は、この事件の2週間前に同市北区で起きた強盗殺人事件の容疑者として01年10月に逮捕された。

 05年1月に無期懲役が確定し、服役中の08年8月、田島さん方に残されていたタオルの再鑑定で今村被告と同じDNA型が検出され、同年11月に逮捕された。

<北海道駒ケ岳>一部入山許可 噴火以降11年8カ月ぶり(毎日新聞)
保育所待機児童4万6000人=昨年10月、過去最高−厚労省調べ(時事通信)
ホームから男性突き落とす=電車内で電話、注意されもみあい−警視庁(時事通信)
公明、参院選で他党推薦せず…非公式協力は容認(読売新聞)
中井国家公安委員長、国会で危機管理の追及受けてもなぜか上機嫌(スポーツ報知)
[PR]
by qrrwhvv7gx | 2010-04-03 04:42