書の甲子園 校名プラカード揮毫も真剣 岡山・明誠学院高(毎日新聞)

 書道にかける高校生が熱い。高校書道部を舞台にした漫画「とめはねっ!」がドラマ化されるなど勢いは衰え知らず。“一筆入魂”の青春は終わらない。

 岡山市の明誠学院高では書道部員が、第82回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の校名プラカードの揮毫(きごう)に取り組んでいる。同校は「書の甲子園」(第18回国際高校生選抜書展=毎日新聞社、毎日書道会主催)で準優勝した強豪。真剣なまなざしの先で、次々と力強い墨痕が生まれる。

 部員の新延このみさん(2年)は「書道も野球も仲間が大切な点は同じ。代表校のチームワークを生かしたプレーを期待します」と声援を送っている。

 「書の甲子園」は大阪市天王寺区茶臼山町の同市立美術館で、7日まで開かれている。午前9時半〜午後5時(入場は午後4時半まで)。無料。【石井尚】

【関連ニュース】
書の甲子園:大阪市立美術館で開幕
特集:第18回国際高校生選抜書展 美を求め、みなぎる気迫 あすから大阪市立美術館
小野竹喬展:入場者5万人突破−−大阪
特集:小野竹喬展 四季、清清に 色、優優と−−会場点描
国際高校生選抜書展:「書の甲子園」会場で陳列作業 きょう開幕 /兵庫

<京大病院>90代患者から高濃度インスリン検出(毎日新聞)
小沢幹事長の続投、首相が意向表明(読売新聞)
株式会社の病院開設、評価見送りへ(医療介護CBニュース)
<さっぽろ雪まつり>週末を迎え観光客や市民でにぎわう(毎日新聞)
免許取り立て、納車の翌日…車、コンビニに車突っ込む(産経新聞)
[PR]
by qrrwhvv7gx | 2010-02-08 03:37
<< 海外ビジネス出資 無登録2億集... <マンション火災>1人暮らしの... >>