外国人参政権「断固反対」 石破氏が表明 自民党大会(産経新聞)

 自民党の石破茂政調会長は24日の党大会で政策報告を行い、政府・民主党が通常国会に提出の方針を決めた永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案について「憲法上の議論が多く残り、国民的議論も成熟していない。私どもは拙速な法案成立に断固反対する」と述べ、党として法案に反対する考えを表明した。

 また「(憲法上の)住民とは日本国民をさすと考えており、私どもは多くの疑義があると考えている。国の形そのものにかかわる問題だ」とも強調した。

【関連記事】
「進歩を目指す保守政党」 自民、党大会で新綱領発表
自民党新綱領の要旨
ノムさん自民党大会で講演、自民と楽天にチクリ
「互いに再生へ出発」 自民党大会で山口公明代表
政治の閉塞 平成の龍馬はいないのか 

一足早く「鬼は外」和歌山・補陀洛山寺(産経新聞)
「市民の共感得られた」=基地受け入れ反対の稲嶺陣営−名護市長選挙(時事通信)
昨年の自殺3万2753人=504人増、過去5番目の多さ−警察庁(時事通信)
山崎拓氏「公認なければ離党」 引退報道は否定(産経新聞)
鳥取不審死で36歳女を再逮捕=強盗殺人容疑−鳥取県警(時事通信)
[PR]
by qrrwhvv7gx | 2010-01-30 21:06
<< 鳩山首相 小沢幹事長の続投表明... ネットワーク構築、粘菌に学べ=... >>