郵政改革の骨格発表へ=郵貯限度額を引き上げ−政府(時事通信)

 亀井静香金融・郵政改革担当相と原口一博総務相は24日午前記者会見し、郵政改革の骨格を発表する。郵便貯金の預入限度額を2000万円(現行1000万円)、簡易保険の加入限度額を2500万円(同1300万円)にそれぞれ引き上げる。
 日本郵政グループの再編では、現在の持ち株会社である日本郵政と郵便局会社、郵便事業会社(日本郵便)を統合して設置する新たな親会社の株式について、政府が経営上の重要事項に対する「拒否権」を握る3分の1超を保有。親会社にはゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の株式3分の1超の保有を義務付ける。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

水俣病訴訟 午後に和解合意(産経新聞)
白バイ追跡で激突のバイク男性が死亡 東京・足立区(産経新聞)
主文後回しで厳刑へ 元厚生次官ら連続殺傷(産経新聞)
【健康】「病気の苦しさ」語りデータベース 治療法を選ぶヒントに(産経新聞)
<JR不採用問題>雇用は難しいとの考え示す…JR東海社長(毎日新聞)
[PR]
by qrrwhvv7gx | 2010-03-31 14:55
<< 「矯正可能性は絶無」大阪の強殺... <警察庁長官>DNA型の試料「... >>