<高千穂峡>落石で小2男児が骨折…ボート遊覧中 宮崎(毎日新聞)

 14日午後1時半ごろ、宮崎県高千穂町の高千穂峡で落石があり、貸しボートで遊覧中だった同県えびの市の小学2年生の男児(8)が、右足の骨を折るなどの大けがをした。同乗していた国家公務員の父親(37)も左手指を切る軽傷を負った。町などによると、落石で観光客がけがをしたのは初めて。

 県警高千穂署の調べによると、現場は高千穂峡の「真名井の滝」北西約10メートルの五ケ瀬川の川幅が数メートルほどまで狭まった場所。家族で観光に来ていた男児と父親の2人がボートに乗っていたところ、高さ約20メートルのがけの上の雑木が倒れ、同時に複数の岩が崩落した。

 ほとんどの岩は川に落ちたが、長さ約50センチ、重さ約25キロの四角すい状の岩1個がボートの中に落ちてきたという。【石田宗久、川上珠実】

【関連ニュース】
北山たけし:“新妻”サブちゃん次女との同居まだ

宇高航路廃止を撤回 四国フェリー「経営めど立つ」(産経新聞)
イラク戦争への関与検証=小泉政権の対応問題視−外相(時事通信)
公務執行妨害で米兵逮捕=もう1人も酒気帯びで−沖縄県警(時事通信)
札幌老人施設火災 火のまわり早く、崩れおちる室内(産経新聞)
自民・園田幹事長代理、辞任の意向伝える(読売新聞)
[PR]
by qrrwhvv7gx | 2010-03-17 09:44
<< 中村耕一容疑者 「1年ほど前か... 社民、苦悩の連立維持…自衛隊「... >>