議論少なく、感想複雑=予算案衆院通過で−菅財務相(時事通信)

 菅直人副総理兼財務相は2日、国会内で記者団の取材に応じ、衆院を通過した2010年度予算案の審議で「政治とカネ」の問題に多くの時間が割かれたことに関し、「担当大臣としては、やや残念な面と、議論が少なくて負担が軽くなった面と両面あった」と語った。
 菅財務相は、体調を理由に辞任した藤井裕久氏の後任として急きょ1月に就任。今後の参院審議では「予算の中身をもっとアピールしていきたい」と意気込みを示した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

名たんていカゲマン
津波警報解除・注意報切り替え、28日中にも(読売新聞)
アクアライン「海ほたる」が閉鎖(読売新聞)
<東急田園都市線>ホームから転落、男性重体 二子新地駅(毎日新聞)
整形で逃亡はさせない! 警察庁と美容外科団体が協定(産経新聞)
[PR]
by qrrwhvv7gx | 2010-03-05 02:52
<< 宙の会 1周年集会開く 時効廃... 郵便不正の上村被告「検事に圧迫... >>